Home » bar, interview, Kaori's Time, whisky

単独インタビュー第17弾 「Bar OLD SCOT バーテンダー 渋谷 知美さんを迎えて(7)」

19 10月 2012 2,542 views No Comment

K:ウイスキーの魅力について教えて頂いても宜しいですか?

渋谷さん:とにかく同じ1本でも多面性があるところですよね。

K:多面性...。

渋谷さん:はい、グラスによっても味わいが違うし。

K:確かに。

渋谷さん:そう、形状によっても違うし、人によってはこれでストレートでという方もいるんですよ。何故その方がそのグラスで飲むのか聞いたら、映画を凄い観る方で映画の中でこういうグラスでスコッチを飲んでいたんだ、と。そういう、人によっても飲み方とか感じ方とかドラマとかも違うし、こういうグラスで飲みたいとかも違うし、そこが凄いなと思いますよ。たかが1本で同じ1本でも今の冷凍庫で冷やすというのもあったりとか、カクテルも出来るし、私なんかは料理とか化粧水とかに。

K:そうですよね。それが1番びっくりでした。

渋谷さん:何か無限なんですよね。樽ポリフェノールっていうのもあった。

K:それについては、きちんと検証した方が良い気がするのですよね。

渋谷さん:ええ。

K:以前サントリーさんがポリフェノールがある、と書かれていたけれど

渋谷さん:そうそう。

K:検証の結果みたいな事が書いていなかった様な気がするのですよね。

渋谷さん:そうですか。

K:今度どなたかに伺えば良いのかしら。

渋谷さん:そうなんだ。私がそういうお勧め方をするとお客様が食いついてくれて、銘柄とかは個人のメールアドレスにしたりしていて。

K:そうですね、確かに。

渋谷さん:店名にしていたりとか。

K:はい。

渋谷さん:それは個人の、何て言うのかな、拘りと言うかスコッチ何て特にそう、味わいが全く違うから、原料が同じでも、そこがちょっと面白いなと思いますよね。

~考える渋谷さん~

魅力、そうですね、そこですよね。

K:でもそうですよね、違いですよね。違いますものね。

渋谷さん:Kaoriさんも昔仰っていたけれど、肌荒れがなくなったという。

K:そう、不思議。

渋谷さん:それに太り易いプリン体がないから、とか、健康に1番近いお酒、そこが1番魅力だと思います。

K:本当に、そうそう肌荒れの事については以前そう言ったと思い出しました。
たまに、自分が少しこう不規則な生活をしていたりすると荒れる事もありますが。あと、私ポテトチップスが好きで。気分転換に食べたりします。

渋谷さん:ええ?(笑)

K:私凄く食べるのね。

渋谷さん:私Kaoriさんについて、という論文を書きたいです、今。

K:原稿書く時には、お酒を頂きながらは書かないのですよ。集中出来なくなってしまうので。その様な時に食べますね。あと、明け方にコーヒーを飲みながら。
渋谷さん:ブラックですか?

K:いえ、沢山お砂糖を入れます。

渋谷さん:本当ですか?

K:普段お菓子は食べないのですが、その時だけは食べたりしています(最近は少なくなりました。)。

渋谷さん:そういうのってなんていうのかな、大事かもしれないですね。条件反射ではないけれど、気持ちが入る上での。

K:そうそう、よし!みたいな感じですね。それでも肌は荒れないですかね。何かを食べ過ぎなどでは、プツッと出来てしまうけれど。基本的にはウイスキーを好きになってからは、体が元々丈夫なのもありますし、小さい時から親に出してもらっていたお食事のバランスが良かったのかもしれませんが、健康だと思います。

渋谷さん:凄いと思う。

K:私毎日はお酒を頂いていないのです。

渋谷さん:そうですか。でも気を付けてくださいね。

K:はい、有り難うございます。ごめんなさい、私の話をしてしまったわ。ウイスキーの魅力は多面性があるという事ですね。

渋谷さん:ああ、大丈夫です。そうですね。同じ1本でも、化粧水にしたり料理に入れたり、グラスによっても違ったり、飲み方だったり、冷やし方だったり、1本で済ませてしまえるのは、私はそこまでオールドボトルに興味がないから無縁なのかもしれないですが。
結構手軽ですよね。

K:確かに。

渋谷さん:色々使えるし、女性に優しいものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

K:そうですね。今の流れであっているのですが、
Q7、渋谷さんからご覧になったウイスキーが好きな女性をどの様に捉えていらっしゃいますか?ウイスキーがお好きな方は実際増えていますか?

渋谷さん:増えていると思いますよ。実際にカウンターに入っていてこの前もいたんですけれど、女性同士で来て私よりも全然若い方なのですが、オーバンのハーフロックとか。

K:ええ。

渋谷さん:2人して飲んでいるんですよ。私はクラガンモアとか。珍しいですね、と言って、嵌ったきっかけを確か聞いたんですけれど、ありきたりだったからちょっと忘れてしまったかも(笑)。

K:渋谷さん、おそらくそこは大事かも(笑)。

渋谷さん:1人はあまり答えたがらなかったけれど、あ、もう1人は先輩に連れて行ってもらった所で初めて真似して飲んだら本当に美味しかったって。

K:ええ。

渋谷さん:前の女性の座談会でも話していたんですけれど、初めて飲んで美味しいと思うのが珍しい。昨日いらっしゃった方もそうですね。俺はオールドパーが昔から好きで飲んでいるんだという方が居るんですけれど、女性の方が浮気?しますよね。色んなものを飲みますよね。男性は、俺はオールドパーがかっこいいからこれしか飲まないみたいな。

K:ええ。私はそちら派だわ。

渋谷さん:あ(笑)。まあ、うちの統計ですけれどね、カウンターの。竹鶴ですものね。

K:はい、後ラガヴーリン16年。

渋谷さん:でも私もさっきの話の流れだと、Kaoriさん派ですね。でも人によるんですけれどね。男とか女とか関係なく。

K:ええ、そうですね。Barに伺うと、これ飲みたい、という時とお勧めは何でしょうか?と伺う時がありますね。自宅にいたり、最終的に愛すべきBarに伺ったりするといつもと同じものを頼みます。私はそこでしかラガヴーリン16年を頂かないのですが。その方が注ぐラガヴーリンが1番美味しいと思っているので。

渋谷さん: それっていいと思います。そこが男性的ですよね。うちの統計で言うと。

K:他の所でこういうものが出てんだよ、とお話を伺うと頂くのですが、最終的に辿り着くのはお茶する事と同じ感覚で、「何にしますか?」と仰ると「ラガヴーリン16年をお願いします。」と伝えますね。

渋谷さん:それって分かります。

K:それが又安心して。それが甘かったり、ビターだったりするだけで自分の体調が分かる様な気がします。開け立てかでも違ったりしますからね。

渋谷さん:それは凄く良いと思います。

K:そう考えると女性が増えて来たというのは、女性が飲みたいというのは?
 
渋谷さん:Kaoriさんみたいな人が頑張って欲しいなと思います。

K:(笑)どの様にすれば宜しいでしょうか?

渋谷さん:お洒落に頑張るというのが必要なんですよ。なでしこジャパンじゃないですけれど。何か労働者のお酒ではないんだよという。

K:ええ。

渋谷さん:もっともっと広めたいなと思います。でも毎回言うんですけれど、私がお洒落ではそんなにないので、今日もアードベッグデーのTシャツで。見ましたっけ?

K:はい、以前伺った時に見ました。でも私達にとっては、そのTシャツを持っていらっしゃるという事が羨ましい事ですが。

渋谷さん:そうですか(笑)。

K:ね。

渋谷さん:暑くないですか?

K:ええ、大丈夫ですよ。そこをどうやってご覧になっているのですか?渋谷さんのお立場からすると。ウイスキーがお好きな女性が増えて来ました、そして以前あるバーテンダーさんから伺った事があるのですが、自分達はウイスキーだけを勉強しているわけではなくて、ワインも勉強しなくてはいけないし他のお酒の勉強もしなくてはいけないから、ウイスキーだけにするわけにいかないけれど、その中で、

渋谷さん:うん、そうですね、正直ずっとカウンターにいて数年前はそういう光景がなかったので、(噛みしめる様に)凄く嬉しいですよね。男性でそういう飲み方をしていると逆にちょっと言い方が悪いけれど生意気だなと、何分かんないくせに飲んでいるんだと。

K:はい。

渋谷さん:ある程度自分も歳を重ねて来たので、微笑ましいですよね。どんどん人が増えれば、女性にも広まるし、若手にも広まるし、テキーラみたいな人達にも広げられるかな、と。テキーラを否定するわけではないですよ。

K:ええ、勿論。

渋谷さん:今は資格もありますし。

K:テキーラでは、お綺麗な方が広報活動をしていらっしゃいますよね。

渋谷さん:錦糸町にお店を出されている方ではないですか?

K:そのお方とは別の方ですね。錦糸町にお店を出されている方とはツイッターを通して、会話をさせて頂いた事があります。FBで拝見致しましたが、その方もとても可愛らしい方ですね。
 
渋谷さん:近所のお店の方だと思います。

K:ええ、その様ですね。ツイッターでコメントを書かせて頂いてその後でご返信を頂いて、少し繋がりが出来ました。

渋谷さん:どんどんそういう人が増えるといいなと。そう考えるとウイスキーに限らないですね。今度聞いてみたいですね。一気飲みについてどう思いますか?と。

K:どうしてテキーラなのでしょうかね。

渋谷さん:ショットガンとかをたまに頼む人が居ます。

K:若い時に、ショットグラスにお酒を入れて、テーブルにガンッとして頂くお酒がテキーラでしたよね。何故ガンっとするのでしょうね?分からないまま見ていたのですが。

渋谷さん:うちではお出ししていないのですが、断ってしまうのですが、ソーダを入れる事によって出て来るじゃないですか、噴き上がって。噴き上がる前に飲み干してという事ですよね。

K:ええ。その時はそういうものがあるのね、と思って、見て、へえーとしか思っていなかったのですが、今から思うと何でなのだろう、という疑問が大人になってから思いました。

渋谷さん:変な話、ウイスキーでも良いじゃないかという気もします。

K:ええ。

渋谷さん:ウイスキーだと、スコッチとバーボンだと泡立ちが違うんですよ。

K:そうなのですか?

渋谷さん:あれは何でかなと思います。ちょっと疑問なんですけれど。

K:ええ。

渋谷さん:それを発見したのが、うちのチーフなんですよ。結構視野が広く観察眼もあって、頭のいい人ですよ。頭がいいというか切れる男です。

K:そうなのですね。

渋谷さん:ええ。(8へ続く)   (6へ戻る)

 

※次回掲載予定日 10/26(金)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.