Home » bar, interview, Kaori's Time, whisky

単独インタビュー第18弾「THE MASH TUN  TOKYO 鈴木 徹氏を迎えて(6)」

15 3月 2013 1,617 views No Comment

 

 

 

 

 

 

 

 

K:Q4、こちらも聞かれる事かもしれませんが、何故モルトウイスキーをメインとしたBarを開かれたのですか?

鈴木さん:それはね、流れと縁ですよね。

K:流れと縁?

鈴木さん:はい、縁と流れでそうなったのでしょうね。

K:元々は?

鈴木さん:元々の飲み始めはウイスキーなんですよ。

K:最初からウイスキーなのですね。

鈴木さん:最初からウイスキーなんですよ。

K:ええ。

鈴木さん:本当は最初に何を飲んだか知らないですけれど、意識して飲むようになったのはウイスキーですよね。今みたいに、自分の若い頃にね、安いチェーン店の居酒屋さんとかがなかったんで、居酒屋さんとかはおじさん達が行く所だったし。

K: ええ。

鈴木さん:若者が行く所じゃなかったし、そんなにあっちこっちになかったし。で、Barもなかったし、Barって言ってもおじさんが行く所じゃないですか?

K:ええ、ええ。

鈴木さん:本当に20歳位の頃、20歳から飲んでいる事になっているので、それ以前は記憶にないですから(笑)。友達なんかとボトル入っているから行こうぜ、って。何て言うんですかね、スナックみたいというか、今無い様な形態の店ですよね。今で言うと、ダイニングバーみたいな所なんですけれど、良く分からないんですけれど、つまみが出て、何かビールとかもあって、ショット売りもするけれどそんなにたくさんあるわけではなくて、棚に並んでいるのはキープボトルみたいなね。

K:ええ。

鈴木さん:話を戻さなくちゃいけないんですけれど、飲み始めたのはそもそもウイスキーが多かった、ウイスキーだったんです。主に日本のウイスキーだったんですね。サントリーのホワイトとか、角とかですね。オールドとか、リザーブとかは高級品だったんで。

K:はい。

鈴木さん:どこの家にも海外旅行のお土産で何故かジョニーウォーカーであって、誰も高級だから、と言って開けないで飾ってあるんですよ。
 
K:ええ。

鈴木さん:鎮座していましたね。ウチもジョニ赤が鎮座していたのを覚えていますね。そんな事で、自分がちゃんと給料を稼げるようになったら、スコッチウイスキーを飲みたいなと、思っていた訳ですよ。で、20歳過ぎて社会に出て、自分で仲間と飲みに行く時にやはりボトルを頼もうと思って。

K:ええ、格好いいですね。

鈴木さん:3、4人で行ったんですけど。それでボトルを注文して、皆でロックだ、水割だと飲んでいたわけですね、それがブレンデッドスコッチだったんですよね。バランタインとかで。1番飲んだのは、バランタインとパスポートですねー...。
 
K:パスポート。

鈴木さん:最近見掛けないですよね?

K:はい。

鈴木さん:あれはよく飲んだな、

K:本当に懐かしいです。

鈴木さん:うん、今飲めば、ん?グレンキースかな?とか思うのかも(笑)。

K:そうですね。

鈴木さん:好んでいたのはバランタインファイネストかパスポートかのどちらかでしたね。

K:ええ、はい。

鈴木さん:ホワイトホースは癖があるからやめようよ、と。今考えれば、ラガヴーリンじゃん、って(笑)。
 
K:(笑)、そうですよね。

鈴木さん:今思えば、特級表示の税関番号入り760mlとかでしたから、贅沢なものを飲んでいたかなと。

K:ええ。

鈴木さん:ま、そんな感じだったんですよ。で、その内モルトウイスキーというのがあるんだな、と。

K:ええ。

鈴木さん:興味が持つと本とか買ったりして、世界の銘酒辞典というのがあったんですね。

K:ええ。

鈴木さん:今も出ていますけれど、当時3,000円位かな、2,000円ちょっとかな、意を決して買って当初お酒の本がないから一生懸命読んで、あれも飲んでみたい、これも飲んでみたいと思うじゃないですか。でもボトルキープの所に行ってもないわけですよ。巻末とかにBarが紹介されているわけですよ。
 
K: ええ。

鈴木さん:それでBarに行ってみようか。で、銀座の老舗のBarとかに行ってみるわけですよ。

K:お1人で行かれたのですか?

鈴木さん:1人だったり仲間と2人だったりで。若造がね。それで、カクテルにも興味があったんで、カクテルとモルトウイスキーを色々飲みましたね。初めて飲んだモルトウイスキーはグレンフィディックのスタンダードなやつですよ。

K:ええ。

鈴木さん:エイジングが付いていたのがなくなった時なんですよ。年数表記がないやつ。それだったんですよ。衝撃的に上手かったですね。ショット1500円取られましたけれどね、当時で。
 
K:当時1,500円なら高いですよね?

鈴木さん:それでも安い店ですよ。それでも1本10,000円~12,000円位したんですもの。今みたいにディスカウントとかなかったですから、並行輸入もなかったし、元々の原価が高かったので、それでも安い方ですよね、それをロックで頂いていたんです。この世の中にはこんなに旨いウイスキーがあるんだと思って、これはモルトウイスキーを飲まなければと思って...思っちゃったのが大間違い。(7へ続く)   (5へ戻る)

 

※次回掲載予定日3/29(金)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.