Home » headline, interview, Kaori's Time, whisky

単独インタビュー第7弾 「はじめまして、ウイスキー」連動企画インタビュー「ウイスキーアドバイザー 吉村宗之さんを迎えて(4)」 

26 11月 2010 2,007 views No Comment

Q3:ウイスキーを楽しむ為の心得等ありますでしょうか?

吉村さん:そうですね。お酒っていうのは嗜好品なので、心得のような堅苦しいものは必要ないのかなと思います。

 K:アドバイザーというお立場からするといかがですか?

 吉村さん:M’s Barや著書に美味しい飲み方について書いていますが、参考にして頂けたら嬉しく思います。

 

P1020420_SP0003

 

 

 

 

 

 

 

 K:私がご本を読んで、召し上がるのがお好きな順番を見て「あ、そういう順番なのね」と1つ思った所が、最後にオンザ・ロックなのですね? 

吉村さん:そうです。

 K:そこの部分を少しお伺いしたいと思って。

吉村さん:その本にも書きましたが、氷とウイスキーというのは相性があまりよくありません。

K:ええ。 

吉村さん:ただ昔はそんな事が分からす、オンザ・ロックでよく飲んでいましたけれどね。

 K:私も最初は、ロックから入りましたね。

吉村さん:ええ、飲み口を楽しむブレンデッドウイスキーなどはロックでも構わないのです。でもシングルモルトは、香りが命ですよね。冷やし過ぎると、アロマが閉じこもっちゃうんですよ。

 K:はい。それではハイボールや水割りは氷を入れなくても?

 吉村さん:ハイボールは冷たくなくては美味しくありません。水割りなら氷抜きがお勧めです。

 K:ハイボールは、冷やしてあれば氷を入れなくても良いのですか?

 吉村さん:そうですね。ですが出来れば入れた方がいいです。その本にも書きましたが、ハイボールはウイスキーとは別の飲み物だと考えています。

 K:ええ。そうするとハイボールを別にしてしまうと、ストレート、水割り、オンザ・ロックの順番で、ハイボールは別なのですよね。それは分かる様な気がします。

吉村さん:ただ高温多湿な日本では、氷を入れた方が気持ち良く飲める時もきっとあるでしょう。氷についてはそれぞれの判断で、自由に楽しんで頂けたらと思います。

 K:はい。他には飲み方だけではなくて、楽しむ、香りを愉しむ、愉快の方の「愉しむ」ではなくて、「楽しい」の方での心得等ありますか?その場でも宜しいですし、ウイスキーを頂く場としてでも宜しいですし。

吉村さん:そうですね。 

K:皆さんとご一緒する時でも良いですが...。 

P1030372_SP0000

 吉村さん:ウイスキーの楽しみ方ですね。シングルモルトならば、飲み比べが楽しいです。風味のバリエーションが広いから、分かり易いですよね。 

K:ええ、本当にウイスキーは違いが分かりますよね。 

吉村さん:ウイスキー、特にシングルモルトは本当にいろいろなタイプがあります。 

K:初めてお酒を召し上がった方でも分かり易いのですよね。 

吉村さん:そう。 

K:ウイスキーって違うでしょう?と出し易いですよね。

吉村さん:例えばローランドモルトとアイラモルトを飲み比べれば、誰にでも違いは分かります。

 K:はい。 

吉村さん:そういう面白さはありますよね。 

K:飲み比べが出来る楽しさですね。 

吉村さん:どこのBarでもやって頂けるわけではないですが、ハーフずつ頂くのがいいと思います。

 K:はい。そうですね。私が今伺うBarがハーフにして下さる所が多いので。

私はウイスキーを好きになった時、度数が高いものでも頂けてしまうので、以前はどんどん「美味しい。美味しい、あ、美味しい」と頂いてしまいましたけれど…。

 吉村さん:Kaoriさんは、お強いから(笑)。

 K:いえいえ。ただ段々ウイスキーというものを頂く様になって、全ての美味しいと言われるウイスキーに対してお値段から見てもそうそう手を出せるわけではない、でも確かめたいと。そういう時に「ハーフでもいいよ」、と言って下さると、やはり有難味も更に感じます。 

吉村さん:たくさんの種類が愉しめますからね。でも「うちはハーフはお断りしています。」って言われたら、出来ません。 

K:はい。たまたま私が伺っている所はその様にして下さるBarが多いのですが、どうなのでしょうね。そういうBarは少ないのですかね。それとも増えて来ているのでしょうか?

 吉村さん:どうなんでしょう。私は初めてのBarでもハーフでって言っちゃう方だけれど、たまに怪訝な顔をされるバーテンダーもいらっしゃったよ。 

K:例えばハーフでも良いですか?と仰ると? 

吉村さん:間があって、「ええ」みたいな(笑)。 

K:ええ。 

吉村さん:「多くの種類を飲みたいんです。」って付けくわえると、「分かりました。」と気持ちよく出して下さる場合も多いですね。 

K:ええ。確かにその一言があるのとないのでは違いますよね。有り難うございます。(5へ続く) (3へ戻る)

※次回掲載予定日12/3(金)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.