Home » bar, headline, interview, Kaori's Time, whisky

単独インタビュー第18弾「THE MASH TUN  TOKYO 鈴木 徹氏を迎えて(3)」

15 2月 2013 1,381 views No Comment

 

 

 

 

 

 

 

K:次も聞かれる事が多いと思いますが、
Q2、好きな蒸溜所は?という伺い方をしても宜しいでしょうか?

鈴木さん:それも1番聞かれる質問ですね。

K:はい、ベタな質問をさせて頂きました。

鈴木さん:そうですね。美味しいなと思えばどれでもいいんですけれど、結果としてスコットランドのどこの蒸溜所が1番好きなのかなと考えた時に意外とモートラック好きですね。

K:ええ。

鈴木さん:モートラックが1番好きかも。

K:ここ何年かでという事ですか?

鈴木さん:昔から好きなんじゃないかな。

K:ええ。

鈴木さん:本当のところ、昔はあんまり好きではなかったんですけれど、ある程度旅して、というか色んなお酒の旅をして、色んなものを飲んでみて、モートラック良いよね、っていう感じ。10年位前からかな。ここ十年振り返ってみると、モートラックが好きなんじゃない?っていう。

K:ええ。品揃えもモートラックに力を入れたりされているのですか?

鈴木さん:自分が飲みたい様なモートラックがあったら買いますけれど。中々ね、そこが難しい所なんです。モートラックなら何でも良いという訳ではないですからね。だからと言って「今、モートラックでお勧めがあるのか?」と言われると、なかったりすることが多いです。

K:今は?

鈴木さん:自分が好きだとハードルが高くなっちゃうのでなかなか買わないんですよ。

K:そういう事ですね。

鈴木さん:難しいですね。でもモートラック好きですよ。地味だけれど。

K:ええ。

鈴木さん:人気ないですね(笑)。

K:今、お勧めのモートラックはないのですか?

鈴木さん:ないです。

K:もしあったら、と思ったのですが。

鈴木さん:もし今日お勧めですよ、というモートラックが出たら、これは相当こいつが好きなんだなと思った方が良いですよ。

K:はい。分かりました、今後モートラックが出たら。

鈴木さん:それが若くても、90年代もそうだし、80年代でもそうだし、それに古いヤツでもお勧めのモートラックが出て来たら、だいぶ個人的にお勧めなんだろうなと思ってください。

K:(笑)

鈴木さん:それを飲んでいまいちだなと思ったら、趣味が合わないんだなと思って(笑)。

K:(笑)そこですか。

鈴木さん:あとはダルユーインとか好きですね。

K:ダルユーインですか。最近全然頂いていないと思います。

鈴木さん:地味なのが好きなんですよ。ストラスミルとかね。

K:ええ、

鈴木さん:ひどいでしょう?

K:え、いや。それは皆さんがすぐにイメージしにくい蒸溜所だから興味を持たれたのですか?きっかけとして。

鈴木さん:いえ。元々地味なんですよ(笑)。一時期は公には「ラガヴーリンです」と言っていたんですよ。本当に。ただ本当にラガヴーリンが一番好きなのかと言われると、アイラモルトではもちろんアードベッグも好きですし、ラフロイグも好きなんですよ。まぁ、どこも好きなんですよ、きっと。前の店の時は、皆スプリングバンクが好きだと思っていたみたいですよ。勿論、スプリングバンクも好きですけれど、色々と飲んで辿り着いたのは、スペイサイドの色の淡い、シェリーカスクでも良いんですけれど、比較的淡い色合いで穏やかで、ちょっとだけフィニッシュにピートが効いているのとか、凝縮された麦芽のフレーバーが良く出ているものっていうのが最近好きですかね。歳を取ったからですかね(笑)。

K:(笑)。
鈴木さん:そう、最近は穏やかな物が好き。

K:ええ、そういう事ですか。

鈴木さん:でもその中でもモートラックが好きですね。本当に地味ですよね。

K:どこかでモートラックがあった時に、あ、鈴木さんが仰っていたから、と。

鈴木さん:僕は色の薄いヤツの魅力を皆に分かってもらいたいですよね。ダルユーインの色の薄いヤツとか。ストラスミルは、時々はずすんで気を付けないと(笑)。

K:Barに伺った時に、鈴木さんはモートラックとインプットされたので、頂きたいと思います。

鈴木さん:モートラックは、黒いとちょっとね、色の濃いヤツは自分の中で色々と障害があるんですよ。ゴム臭いとかね。

K:ええ。

鈴木さん:あと、硝煙というかマッチの燃えカスというが、そんなフレーバーが出てたり。それは僕的には苦手なのですよ。昔は逆に好きだったんですけど、ある時から急に苦手になってしまって。

K:はい。

鈴木さん:なので、個人的には割と色が薄いタイプのをお勧めしますね。90年前半のものでも色が薄くてもね、麦のフレーバーもあって、しっかりしているのがありますよ。もっと若いものでも同じだと思う。

K:鈴木さんの所で頂いた時、モートラックがお勧め、と仰って出て来たら、これは、と。

鈴木さん:お勧めのモートラックがある時は、

K:はい、是非お願い致します。

鈴木さん:そんなんで宜しいでしょうか?なんか、モートラックの営業マンみたいになりましたが(笑)。

K:はい(笑)。(4へ続く)  (2へ戻る)

 

※次回掲載予定日 2/22(金)

 

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.